« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

191 「マイナス思考」って悪くない~入試が目前に迫った君たちへ

 よく「プラス思考」とか「マイナス思考」という言葉を聞いたことはないだろうか。私は残念ながら、プラス思考にはどうしてもなれない。無理!「大丈夫だ」と自分に言い聞かせても、最悪の場面が頭をよぎる。プラス思考なんて無理!
 
 君たちは「ゴルゴ13」という劇画を知っているだろうか。世界最強の殺し屋の物語である。そんな恐ろしい人間に、ある少年が出会ってしまう。少年は仲間にいいカッコがしたくて、こともあろうにゴルゴに銃口を向けてしまう。少年がビビっているのを見抜いたゴルゴは表情一つ変えずに少年を諭す。
 
 少年はその後、ゴルゴを追いかけていく。物陰に人(少年)がいることを察知した瞬間、ゴルゴは道を転がって反撃の体勢を取ろうとする。さっきはピストルを突きつけられても無反応だったのに。
 
 少年は聞く。
 
 「拳銃の前で顔色ひとつ変えなかったあなたが...ぼくがあとを追った足音でどうして飛び上がったんです? 」
 
 ゴルゴはこう答えた。
 「おれが、うさぎ(ラビット)のように臆病だからだ...」
 「だが、臆病のせいでこうして生きている...虎(タイガー)のような男は、その勇猛さのおかげで、早死することになりかねない...強すぎるのは、弱すぎるのと同様に自分の命を縮めるものだ...」(さいとうたかお『ゴルゴ13』「スーパースター」)
 
 そうなんだよなー、いいこというじゃん、ゴルゴ。しかし、これはゴルゴに限った話ではない。人間が太古の昔から生き延びてこられたのは、この危険察知能力、つまり不安を感じる力のおかげだ(たぶん)。
 
 すみません。前置きが長くなってしまった。
 
 スポーツ選手へのメンタルトレーニングをしている人の話で印象に残ったことがある。
 
 マイナス思考、大いにけっこうというのだ。というよりマイナス思考になれというのだ。
 大切な試合に向けて、「あの練習もやっておかなければ負けてしまう・・」「あの技術がまだ身についていない。本番でミスるかも・・」「まだ課題が克服しきれていない。このままじゃ・・」などと、自分に欠けているところが頭に浮かんであせってしまう。でも、それがいいのだという。マイナス思考になって、自分の課題に向けて出来る限りのことをやっていくことが大切だ。
 
 ただ、このメンタルトレーナーの話には続きがある。ここからが大事だよ。
 
 試合当日の朝。ここで「マイナス思考」から「プラス思考」に転じることが必要なんだそうだ。
 
 「今日の試合に向けて、やることはすべてやった。あとは今自分がもっている力を出し切るだけだ。」と思うことである。プラス思考というより開き直りと言った方がいいかもしれない。私もこれならできそうである。
 
 もう少しで入試の当日を迎えるみなさん。
 
 不安になるのは良いことです。まだできていないことを、不安に思うところを、時間が許す限りやっつけていきましょう。
 そして、入試の朝に、「自分はできることはすべてやった。たしかにこれまでの自分はサボったりして反省することも多いかもしれない。でも、もう今日は手持ちの力で戦うしかない。今日一日は自分のすべてを出し切ってこよう。」
 
 そう思ってほしい。ファイトー!

2016年12月15日 (木)

190 『キングダム』の原泰久さんに学ぶ~何が役に立つか分からない。

----------------------------------------------------
 原泰久さんが描くマンガ『キングダム』。大人気のマンガである。連載10年、単行本44巻。普通のコミックは1巻が一番売れて、その後は少しずつ売れ行きが落ちてくるのが普通だそうだが、『キングダム』は、44巻全部だいたい同じぐらいの売れ行きなのだそうだ。
 
 歴史の授業で中国の歴史を習う。歴史上で初めて中国全土を統一した「秦」という国と、その国を建てた「始皇帝」という人物のことは聞いたことがあるだろう。始皇帝が築いた万里の長城のことも。
 
 『キングダム』は後に秦の将軍となる少年「信」と、後の始皇帝となる「政」を中心に物語が進んでいくのだが、私、こんなにマンガに夢中になるのは、あのバスケットボールマンガ『スラムダンク』以来である。
 
 そういえば、荒削りだけど、とてつもない素質を秘めた主人公が、戦いを通じて自分の才能を開花させていくところや、主人公以外の登場人物がそれぞれ魅力的で、それぞれが自分の物語をもっているところなんかは、『スラムダンク』も『キングダム』も共通しているなあと思った。
 
 さて、『キングダム』の作者の原泰久さんがもともとなりたかったのは映画監督。それで大学も芸術系の大学に進学した。映画監督を目指して食べていくのは難しいと考えた原さんは、マンガなら一人ですべてできると考えて、大学3年ごろからマンガに本格的に取り組んだ。しかし雑誌の連載をもらえるまでには至らず、大学卒業後はプログラマーとして会社に就職する。
 
 でも、この社会人経験が大きかった。会社の中にはいろいろな人がいた。強い人、弱い人、すぐサボる人、熱い人。そんな人たちがいざというときは、それぞれが力を発揮する。そんな会社の中で出会った人たちが、今の『キングダム』の中にも生きている。例えば、怪力の兵士「田有(デンユウ」は会社の有田さんがモデルになっているというように。『キングダム』では、それぞれの登場人物がみんな魅力をもっている。
 
 原さんは、もしうまくいって大学時代にデビューしていたなら、この社会人経験がなかったなら、『キングダム』は絶対に描けなかったという。
 
 なんか、人生って何が役に立つかってわからないもんだなあ。後になってみないと分からないことだが。目標や志をもって生きている限り、人生に無駄なことはないのだろうか。そんな気がしてきた。

2016年12月 4日 (日)

189 あなたは環境が整えばここまでやるか?~本田望結さんのスケジュールを見て

 先日、『炎の体育会TV』という番組で、フィギュアスケート選手で女優業もされている本田望結さんの特集があった。本田さんは現在12歳の小学6年生。
 
 番組の中では、本田さんの一週間のスケジュールが紹介された。

Honda

(写真はhttp://xxhuyuzero.jp/2016/12/04/post-25535/からお借りしました。)
 
 すごい。自分は何をしているのだろうと思ってしまう。
 
 この前の学級通信でも書いたけど、世の中にはどんなことをしても、肯定的に捉える人と、ネガティブに捉える人がいる。
 
 こう考える人はいないか?「本田さんは容姿端麗、フィギアスケートをする環境も整っているだろうし、何よりテレビなどで脚光を浴びている人だ。努力しがいもあるだろう。」と。
 
 だけど、「あなたは、ここまで環境が整えば、同じような努力ができるか?」と聞かれたら私は自信がない。だからすごいなあと思ってしまうのだ。
 
  番組の中では、女優業や小学生としての学習に手を抜かない姿が放送された。すべてはフィギュアスケートという一点に向けられた道のりに見えた。
 
 もし、私が同じような一週間を送れと言われたら、一番自信がないのは、早朝のランニング。休みの日はない。毎日だ。4時起き、5時起きだ。
 
 次に、夜の陸上トレーニング。これもほぼ毎日。基本ドリルの繰り返しや、筋トレが好きだという人は少ないだろう。
 
 よし、自分もがんばるか。朝のランニングは無理だけど。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

無料ブログはココログ