« 173 「非選抜アイドル」の仲谷さんが教えてくれたこと~幸せは他人が運んでくれる | トップページ | 175 なりきる!! »

2012年12月20日 (木)

174 新庄選手のグラブ

君たちは新庄剛志というプロ野球選手を知っているだろうか。端正な顔立ちと派手な振る舞い、そして攻走守の三拍子そろった有名な選手だった。阪神、米メジャーリーグ、そして日本ハムで活躍した。

ウィキペディアには「一般的な野球選手のイメージとはかけ離れた高いタレント性とショーマンシップ、奇抜な言動で知られる。」とあるように、華のある、注目を集める選手だった。敬遠のボールを打ってサヨナラヒットにしてしまったこともあるし、1イニングに満塁ホームランを2回も打ったこともある選手だ。

ついこの間、そんな新庄選手に関するコラム記事を見つけた。以下、少し引用する。

日本ハムなどでプレーした新庄剛志さんは、福岡・西日本短大付高から阪神に入団した際に7500円で買った外野グラブを、2006年の引退まで17年間愛用。「商売道具を大切にしろ」という父・英敏さんの教えを守って補修を重ね、英敏さんが昨年亡くなると、ひつぎに入れてささげた。(12月18日読売新聞・スポーツ面)

新庄選手というと、派手なイメージがある。普段もブランド品で身を固めていそう。使っている道具もそうとう高そうだが、実は7500円のグラブをずっと修理しながら使っていたんだなあ。

ところで、いくらなんでも7500円は安過ぎると思った人もいるだろう。私も息子が中学校の野球部(軟式)で使うグローブを買いに行ったとき、1万円ぐらいの物を買った記憶がある。その値段でもそんなに高級な価格帯ではなかったのを思い出した。

いくら何でも硬式野球の、それもプロが使うグラブが「7500円」は、本当かなあと思ってネットで調べてみた。

すると、福岡にある、プロ用のグラブを作っている会社が、地元出身のプロ相手ということで、ほとんど原価に近い価格で新庄選手に売ったのではないか、ということだった。

実際のグラブの価格はもっと高いのだろうけど、父親の教えを守り、17年間大切に一つのグラブを使い続けたこと自体、すごいことだと思うし、新庄選手のイメージを勝手に作っていた自分にも気がついたのである。

« 173 「非選抜アイドル」の仲谷さんが教えてくれたこと~幸せは他人が運んでくれる | トップページ | 175 なりきる!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/48401088

この記事へのトラックバック一覧です: 174 新庄選手のグラブ:

« 173 「非選抜アイドル」の仲谷さんが教えてくれたこと~幸せは他人が運んでくれる | トップページ | 175 なりきる!! »

無料ブログはココログ