« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年8月

2012年8月13日 (月)

172 見えない分かれ道はそのへんに

ロンドンオリンピックも終わりました。

読売新聞にちょっと興味をひかれた記事がありました。

タイトルは「『弓道部なかったから』で始め、つかんだ『銀』」とありました。(※1)

アーチェリーで銀メダルを取った古川高晴選手を紹介する記事です。

古川さんは中学生のときに、たまたま通りかかった公園で弓道大会をやっていたそうです。その選手たちの格好よさにひかれて、家に帰った古川さんは、家族に「弓道をやる」と宣言しました。

でも、進学した高等学校に弓道部はありませんでした。アーチェリー部はあったので、「弓を使うことは同じだから」とアーチェリー部に入部したのだそうです。

話は変わりますが、5月4日の読売新聞にはこんな記事もありました。今度は竹内洋岳という人を紹介した記事です。世界に8000mを超える山が全部で14座あるのですが、そのすべてに登頂したというのです。日本人初の快挙です。

全14座を登頂する過程で、竹内さんは雪崩事故に遭い、仲間を失い、自分も再起不可能といわれるぐらいの大けがをしながら、今年5月に快挙を成し遂げました。
 
竹内さんが山登りを始めたのは、高校生になって山岳部に入部したからです。でも、強い意欲があったわけではありません。その高等学校は新入生は全員どこかの部活に入らないといけなかったそうです。

部活動のオリエンテーションが終わって、どこかの部に入らないと家に帰れません。中学校時代は帰宅部だった竹内さんは、文科系の部活も考えましたが、各部の名簿の前は大行列でした。そんな時、山岳部の前はガラガラでした。「並ぶのが面倒だった」竹内さんは、すぐに山岳部の名簿に名前を書き込んだのだそうです。

本当に人生って不思議です。アーチェリーの古川さんが、もしその日、公園のそばを通らなかったらどうなっていたんでしょう。通ったとしても、その日は急ぐ用事があって、立ち止まって弓道の試合を見る気がなかったら・・・。進学先の高等学校に、念願通り弓道部があったなら・・・。

竹内さんの話もそうです。もし、山岳部以外の部活の前に人が並んでいなかったら・・・。

今、二人のお話をしましたが、実は、大人はみんな「今、振り返ってみたらあそこが分かれ道だったよな」と思えるものをもっています。その時は目には見えない分かれ道が、人生を重ねて振り返ってみると、はっきり見えるのです。

本当に人生は不思議です。見えない分かれ道は、君たちの日常生活の中にこれからたくさん現れることでしょう。

非常に、平凡で説教くさい言い方ですが、「今いる場所で精一杯やってみること」、これが大事なのかなあ
----------------------------------
(※1)『読売新聞』2012年8月4日

2012年8月11日 (土)

171 そう思うのは、君にふさわしいか?

君がプロゴルファーだったとする。今、ちょうど熾烈な優勝争いをしているところだ。

最終ホール、君は無事にパーであがった。君のライバルは今からパーパットを打つところだ。

ライバルがこのパットを外せば、君の優勝。何千万円もの優勝賞金が手に入る。

ライバルがこのパットを決めれば、君とスコアは同点。これからプレーオフ(延長戦)に入る。

さあ、ライバルがパットの構えに入った。距離は、決めても外しても不思議はない、微妙な距離である。

このとき、君ならどう思うか?

私だったら、当然「お願い!!外してくれ~!」だ。何千万円だぞ。

しかし、こういうとき本気で、「決めろ!」と相手の成功を心の中で叫ぶ人もいる。その人はタイガー・ウッズである。

私はこの話を苫米地英人さんという脳科学者の本で知った。

苫米地さんによると、タイガーウッズは自己イメージがすごく高い選手らしい。だから、ライバルが失敗すれば自分が優勝するという時でも、次のように思うのだそうだ。

「入れろ!!この俺と優勝争いをするようなやつが、こんなパットを沈めないでどうする!!」と。

タイガー・ウッズにとってみれば、ライバルの成功を祈る方が、「自分にふさわしい」考え方だと思っているのだそうだ。

でもなー、タイガーウッズって特別なんだろうなあ。だって、サッカーでPK戦になったときは、相手チームが蹴るときは「外せ、外せ!」って普通思うよな。

だけど、タイガー・ウッズの話は、これから先ちょっと思い出そうかなって思っている。

私にも、だれにも意地悪な心が出てくることはある。ちょっと人の不幸がうれしいと感じるとき、こう思ってみよう。

「そういうふうに考えることは自分にとってふさわしい、似合っていることか?」

「いや、俺には似合わない。」そう思いたい。

2012年8月10日 (金)

170 めんどくさいから1000回って言ってるだけで、本当は1000回以上やってますよ

数日前、あるトーク番組に東山紀之さんが出演していた。東山紀之さんはジャニーズ事務所に所属し、三人組グループ「少年隊」の一人である。君たちは知らないかもしれないが、お父さんお母さんは知っているよ。

番組の中では、東山さんが45歳にもかかわらず、体脂肪率10%以下にキープし続けている肉体の秘密なんかに話が及んだ。

毎日腹筋を1000回やっているんだって。そのテレビに一緒に出ていたタレントが、東山さんのお腹を触ったら、筋肉でガッチガチに固かったそうだ。

あるタレントが、「東山さんは腹筋を一日1000回やってるそうですね?」と聞くと、東山さんはこう答えた。

「(答えるのが)めんどくさいから、聞かれると『1000回』って言ってますけど、本当はそれ以上やっていますよ」と。

かっこいいよなあ。

「めんどくさいから(人に聞かれると)1000回って言ってるだけで。本当はそれ以上やってますよ」かあ。
こういうセリフが言えるってかっこいいよなあ。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »

無料ブログはココログ