« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月14日 (水)

168 さあ入試が始まったというときに、腕時計が止まっている!!

もう今から10数年も前のことだ。市内の私立高校の入試の日のできごとだ。入試が終わって三々五々出てくる生徒たちを待っていたら、一人の女子生徒が泣きながらやってきた。 聞けば、テスト中に消しゴムを机から落としてしまい、どうしていいか分からなくなってしまった、後の問題が解けなくなってしまった、というのだ。

まあ、この女生徒の失敗に対して、「なんで、手を挙げて試験監督官に拾ってもらわなかったの」とか、「そんなこともあると考えて、消しゴムは複数持っていくべきだったね」なんてことは後になってから言えること。その子にとっては、本当に気が動転する出来事だったんだろうなあ。

この生徒の入試の結果も残念なことになってしまったのは、よく覚えている。

ところで、つい最近、うちの奥さんからこんな話を聞いた。夕方のローカル局のテレビ番組で、視聴者からのこんなお便りが紹介されたそうだ。そのお便りを書いた人は、大学入試の受験生。先日のセンター試験の時に体験したことがお便りには書かれてあった。

さあ、いよいよ本番のセンター試験が始まったというそのとき、自分の腕時計を見て、その人は顔面蒼白になった。時計が止まっている!

試験会場を見渡しても壁には時計がない。あせって腕時計を振ってもたたいても秒針は動かない。電池が切れてしまったのか。よりによって、こんな時に止まらなくても…。

その人は決心した。時間配分なんて言っていられない。解いて解いて解きまくるしかない!

そして、センター試験が終わった。結果は?自己採点をしてみると、その人にとっての自己最高点が続出。予想以上の高得点だった。

「ピンチはチャンス」などという言葉は、まさにこの人のためにある言葉と思える。勝手にこの人の思いを想像すると、きっと思いがけない不幸を前にして、一瞬のうちに覚悟を決めたに違いない。「もうやるしかない!」と。時計がないという状況が、自分でもびっくりするような集中力を生んだのだ。

やるしかない。

大学受験生と中学生を比較しちゃ可哀想だけど、最初の消しゴムで失敗しちゃった女生徒が、もし「消しゴムがなくても、しゃーない。やるしかない!」と覚悟を決めていたら、ひょっとしたら違う結果になっていたかも。これも後になってから言えることなのだが。

2012年3月 4日 (日)

167 明日面接(高校入試)を受ける君たちへ

さあ、明日は面接だ。面接の練習はしてきたけど、やっぱり本番は全然雰囲気が違うし、緊張するだろうね。今日はちょっとその面接の話をしたい。 

面接について、次のような不思議な話をする人がいる。 内田樹さんという大学の先生が書いた本(※1)の中で知った話だ。面接といっても、就職試験の面接の話だ。

大手企業(出版社)に勤めていて、就職試験の時には面接官の役割をしている何人かの人から聞いた話だという。 

面接をして、その人を採用するかしないか、つまり合否は「会って5秒」で決まるそうだ。5秒って、その会社に就職したい大学生が、面接会場に入って挨拶して、椅子に座るまでの時間じゃないか。 

え?いろいろと面接官が質問して、その答によって合否が決まるのではないの?その人の特技とか、なぜこの会社に入りたいのかとか、じっくり聞かなくて合否を決めてもいいの? 

面接官が言うにはそうではないらしいのである。何を基準にして合否を決めるかというと、「この人と楽しく仕事ができそうか」で決めるそうだ。そして、それは「会って5秒」で分かるそうだ。 

まあ、これは就職試験の話で、君たちがこれから受ける高校入試の面接とは違うし、「会って5秒」というのは誇張された表現かもしれない。でも、この話は大切なある考え方を教えてくれる。 

さっき、就職試験の面接官が、「この人と楽しく仕事ができそうか」で決めると言った。この考え方を高校入試の面接に当てはめるとどうなるだろうか? 

高校入試の面接官は、その高校の先生だ。だとしたら、その先生に、「この生徒がうちに入学してくれたらいいなあ」「こんな生徒がうちのクラスにいてくれたらなあ」と思ってもらえたら万々歳だ、ということになる。 

じゃあ、そんな生徒ってどんな生徒だろう?おそらく「素直で一生懸命な生徒」じゃないかなあ?あと元気もあれば最高だ。 

面接の練習をしているとき、よく君たちは「何を答えるか」ということに一生懸命になっているけど、実は、「何を答えたか」よりも「どう答えたか」の方がはるかに大切なのだ。「どう答えたか」の「どう」の中に、君たちの人柄が表れてくるのだ。 

だから、明日の面接の時には、一生懸命に面接官の質問を聞き取り、一生懸命に元気に答えてきてほしい。 

「あっ!!『母』と言わずに、『お母さん』って言っちゃった!!」なんて失敗は小さい、小さい。

―――――――――――――――――

(※1)『街場の教育論』

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

無料ブログはココログ