« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月25日 (月)

156 真に有意義な生活を送るために~「緊急ではないけど、重要なこと」

私たちが毎日やっていることを、四つの種類に分類して、自分の行動を見直そうという考え方がある。

四つの種類とは①「緊急で重要なこと」②「緊急ではないけど重要なこと」③「緊急だけど重要ではないこと」④「緊急でも重要でもないこと」の四つである。

①の「緊急で重要なこと」にはどんなことがあるだろうか。

たとえば、「明日提出しなければならない宿題を仕上げること」だったり、「急に歯が痛くなったり、ケガをしたりして病院に行くこと」なんかが考えられる。今日が8月31日だったとしたら、「まだ何もやっていない自由研究をどうにかすること」なんていうのも入るかもしれない。

②の「緊急ではないけど、重要なこと」というのは、どんなものがあるだろうか。

「毎日の素振りや筋トレなどの自分でやると決めたトレーニングや、ピアノの練習」などがあるかなあ。人によっては、「冬にあるマラソン大会のために家の周りを走る」という人もいるかも。夏休みに入ったばかりの今ならば、「夏休みの宿題」もここに入れていいかなあ。

つまり、②の中に入るのは、期限や締め切りがないか、あってもずっと先の話なので緊急ではないけど、自分が大切だと思っていることが入る。

③の「緊急だけど重要ではないこと」の中にはどんなことが入るだろうか。

「友だちから来た何でもないメールに返事を打つこと」はここになるだろう。どうでもいいようなメールだけど、今返事を書いておかないと、あとあと面倒なことになるからなあという気持ちで書くメールがそうだ。他には「友だちから急に『代わって』と頼まれた学校の花壇の水やり当番の仕事」なんてのもあるかなあ。

④の「緊急でも重要でもないこと」にはどんなことがあるだろうか。「だらだらと漫画を読むこと」「意味もなく録画したテレビ番組を見続けること」などかなあ。私自身は、インターネットがここに入ると思う。

以上のことを表にしてみる。

①緊急で重要なこと

②緊急ではないけど、重要なこと

・明日までにしなければならない宿題
・ケガをして病院に行くこと
・明日ピアノの先生が来るので、慌ててやるピアノの練習
・学校の帰り道でパンクした自転車の修理
・毎日やると決めた素振り(トレーニング)
・1週間後のピアノのレッスンに備えたピアノ練習
・国語力を高めるためにやっている読書
・お世話になった人に暑中見舞いを書くこと

③緊急だけど重要ではないこと

④緊急でも重要でもないこと

・友だちから来たメールに返事を打つこと。
・友だちから頼まれて急にやってあげること。
・明日までに返さなければならないレンタルDVDを返しにいくこと。
・漫画をだらだらと読むこと。
・ゲーム機などで遊ぶこと。

あなたは、普段の自分の行動を振り返ってみて、上の四つに分類された行動の中で、どの部分の行動が多いだろうか。

実は、青色で書かれた②の「緊急ではないけど、重要なこと」が多い人ほど生活が充実しているというのだ。よく考えてみたら、②に入る行動というのは、人から強制されたものではなく、自分が大切だと考えてやることが多いのではないだろうか。つまり自律的な行動と言える。

私もそうなのだが、①の「緊急で重要なこと」に時間を取られる人も多いのではないだろうか。①が多い人は、生活そのものは忙しくて充実していると思うかもしれないが、月日がたつと、自分に身についたものがあまりないと感じるのではなかろうか。

③が多い人は、どっちかというと周りに振り回されやすい人ではないだろうか。

④に入る行動は、一言でいって「暇つぶし」と表現できるだろう。④の行動を全部取り除くのは無理である。でも、少なくはできるのではないか。

夏休みの宿題は、まだ今だったら②のところに入る。これが①の「緊急で重要なこと」に移ってしまわないうちに、片づけてしまいたいものである。

2011年7月24日 (日)

155 できるかぎりの勉強はしました。でも、一番にはなれなかったですよ。

このタイトルの言葉の主はイチロー。イチローはただの野球だけの少年ではなかったのだ。

イチローはこう語っている。

 

小学校ではあまり勉強しなかったんですけど、中学になって、それじゃまずいって一生懸命勉強したんです。テストの点はとれました。実際、自分ができるかぎりの勉強はしました。でも、一番にはなれなかったですよ。学年でも7番とか8番にはなれても、決して一番にはなれなかった。」(※1)

 

「自分ができるかぎりの勉強はしました」って言えることはすごくかっこいいと思う。

――――――――――――――――――――

(※1)『あの人の人生を変えた運命の言葉100』(本田有明著/PHP文庫)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

無料ブログはココログ