« 153 画家はほめられたいために絵を描くのでしょうか? | トップページ | 155 できるかぎりの勉強はしました。でも、一番にはなれなかったですよ。 »

2011年6月 5日 (日)

154 ライオン一家の「成功」

昨日の晩、人間や地球の歴史を取り上げた3時間ぐらいの番組(※1)を何ともなしに見ていた。

番組の中で、あるライオンの一家が取り上げられていた。次のようなナレーションが流れる。(記憶を頼りに書いているので、細かいところは不正確でしょう。)

ライオンは猫科で、唯一家族を作って暮らす動物だ。

子育てや狩りは雌の仕事。

母親としっかりものの娘が家族を支える。

このところ、狩りがうまくいっておらず、ライオン一家の小さな子供たちは、お腹をすかせている。

そこに獲物になるシマウマがやってきた。

ライオン一家のチームプレイによる狩りが始まった。

狩りは成功。

ライオンの家族は助け合って生きている。人間の家族と一緒である。

さて、私が何を言いたいか、勘のいい人はわかったかな?

このテレビ番組を見た人は、無意識のうちに、「ライオンが狩りに成功して良かったなあ」と思うようになっている。つまり、この番組がライオンの側からの物語として作られているからだ。

ナレーターの「狩りは『成功』」ということばがそれを象徴している。

でも、ひとたびシマウマの視点で考えれば、これはとてつもない不幸である。それこそもっともっと悲しい物語が考え出せるだろう。ひょっとしたら、母親とはぐれて、一生懸命母親を捜している子どものシマウマかもしれない。そして、どこかで今も一生懸命我が子を探している母シマウマがいるのかもしれない。

いったいだれの視点からものを考えるかで、こうも違ってくるのだ。

この番組では、ライオンの家族がさっきのシマウマを食べている場面が続く。そこへ一匹のハイエナがやってきた。ハイエナは群れで行動するが、このときはなぜか一匹だけ。

ライオンはハイエナをエサとして襲うことはない。しかしこのとき、なぜかライオン家族の一頭が、このハイエナに襲いかかる。

ナレーションはこう続く。

ライオンの子供は、しばしばハイエナに襲われるのである。

これを聞いた私は、「そうかあ、ハイエナは悪いやっちゃのー、襲われてもしょうがないよなー」と思ってしまった。しかし、これこそこのハイエナにとっては降ってわいた災難である。
――――――――――――――――――――
(※1)「人間とは何か…わたしと地球の38億年物語~アース・コード~」(2011年6月4日放送)

« 153 画家はほめられたいために絵を描くのでしょうか? | トップページ | 155 できるかぎりの勉強はしました。でも、一番にはなれなかったですよ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/40278021

この記事へのトラックバック一覧です: 154 ライオン一家の「成功」:

« 153 画家はほめられたいために絵を描くのでしょうか? | トップページ | 155 できるかぎりの勉強はしました。でも、一番にはなれなかったですよ。 »

無料ブログはココログ