« 140 努力を我慢を人に見せない~長谷部誠選手に学ぶ | トップページ | 142 やるかやらないか~元暴走族の予備校講師・吉野さんの言葉 »

2011年5月12日 (木)

141 パラシュート部隊と実力テスト

今から書く話は何かの本で読んだ話だ。

アメリカの大統領が第2次世界大戦中に、次のように演説したそうだ。

わが国の優秀な軍隊の落下傘部隊が出撃した。しかし、上空に飛び立ってから、その作戦が中止になった。そこで、飛行場に引き返したわけであるが、飛行機が着陸態勢に入ったとたん、パラシュート部隊の強者たちが、みんな青い顔をしている。聞いてみたら、飛行機が着陸するのが怖いのだという。

パラシュート部隊の兵士たちにとってみれば、パラシュートで落下するのはもう慣れたものである。しかし、飛行機に乗ったまま着陸するのは、あまり経験がないのである。だから顔色が青くなったのである。

大統領がこの後どんなことを演説したのかは分からない。

しかし、この話が教えてくれるのは、人間というのは、今まで自分が経験したことがないことをするのは、非常にプレッシャーになるということだ。

だからこそ、私たちは大きな舞台に立つときはリハーサルが必要だ。

君たちは来年早々、ほとんどの人が生まれて初めての「入試」というものを経験することになる。来月から何度か実施される実力テストは絶好のリハーサルだ。それなりに真剣に準備して受けないと、意味がないぞ。

« 140 努力を我慢を人に見せない~長谷部誠選手に学ぶ | トップページ | 142 やるかやらないか~元暴走族の予備校講師・吉野さんの言葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/39964803

この記事へのトラックバック一覧です: 141 パラシュート部隊と実力テスト:

« 140 努力を我慢を人に見せない~長谷部誠選手に学ぶ | トップページ | 142 やるかやらないか~元暴走族の予備校講師・吉野さんの言葉 »

無料ブログはココログ