« 128 定年を目前にして福島原発の支援へ | トップページ | 130 長続きしない人はこの方法を試してみたらどう? »

2011年3月22日 (火)

129 松井秀喜選手が尊敬するジーター選手

デレク・ジーターというメジャーリーグの選手がいる。

Wikipediaには次のように書かれている。

1995年のデビュー以来、現在までニューヨーク・ヤンキース一筋でプレーしており、5回のワールドシリーズ優勝を経験している。現在のMLBを代表するスーパースターであり、「ニューヨークの貴公子」の異名を持つ。(Wikipedia「デレク・ジーター」)

彼は、現アスレチックスの松井秀喜選手が尊敬する選手である。松井選手はジーター選手とニューヨーク・ヤンキースで2009年まで共にプレーをした。ジーター選手はすばらしい数字を残している選手であるが、松井選手は彼には数字で表せないすごさがあるという。

その松井選手が、ジーター選手の振る舞いについて語っていた。(※1)

2004年のシーズン開幕直後、ジータ選手は絶不調に苦しんでいた。32打席ノーヒットが続いていた。松井選手は、32打席ノーヒットというのは、バッターにとって「永遠のどん底」のように感じるとてもつらい日々だっただろうとその心中を推し量る。

しかし、ジーター選手は凡打を放っても全力で1塁ベースへ走り、アウトになった後はベンチに戻って、いつものように仲間に声援を送っていたそうだ。

松井選手は次のように語る。

人間というのは物事がうまく進んでいる時よりも、うまくいかない時の方が本性が出るのではないでしょうか。そういう意味でジーターは、常にヤンキースのリーダーとしてふさわしい態度を示し続けていたと言えます。(※2)

人間はうまくいかない時に本性がでる。心にとめておきたい言葉だ。
――――――――――――――――――――
(※1)『信念を貫く』松井秀喜著(新潮文庫)
(※2)同書

« 128 定年を目前にして福島原発の支援へ | トップページ | 130 長続きしない人はこの方法を試してみたらどう? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/39329905

この記事へのトラックバック一覧です: 129 松井秀喜選手が尊敬するジーター選手:

« 128 定年を目前にして福島原発の支援へ | トップページ | 130 長続きしない人はこの方法を試してみたらどう? »

無料ブログはココログ