« 125 過去はない。未来もない。 | トップページ | 127 「災害の中の素晴らしき名言集」 »

2011年3月 7日 (月)

126 藤川球児選手は自分からあいさつする

藤川球児選手を知っているか?阪神タイガースの抑えのエースである。豪腕で鳴らし、WBC日本代表にも選ばれた日本を代表する投手の一人である。

藤川選手は、若い選手達に「あいさつはちゃんとした方がいいよ」と指導しているという。藤川選手は、あいさつしようと呼びかけたからには、自分も「あいさつしてもらえる人間」でいなければならないと思っている。だから、もし、相手があいさつしなかったら、こちらからするようにしているという。

僕はロッカーでも自分から「おはよう!」「おはよう!」「おはよう!」と言って回っている。(※2)

このようなことを続ければ、そのうちあいさつだけではなく、「調子はどう?」などといった一言も言えるようになるという。そして、その積み重ねがチームワークにつながっているのだという。

藤川選手ほどの一流選手でさえ、自分からあいさつすることを心がけている。以前私は「020 一流選手になった選手は必ずあいさつが上手だった。」という記事を書いたけど、それと通じる話だなあと思った。

――――――――――――――――――――
(※1)『未熟者』(藤川球児著 ベースボール・マガジン社新書)
(※2)同書

« 125 過去はない。未来もない。 | トップページ | 127 「災害の中の素晴らしき名言集」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/39145620

この記事へのトラックバック一覧です: 126 藤川球児選手は自分からあいさつする:

« 125 過去はない。未来もない。 | トップページ | 127 「災害の中の素晴らしき名言集」 »

無料ブログはココログ