« 120 松井秀樹選手は人の悪口を言わない | トップページ | 122 身近な人の笑顔 »

2011年2月 4日 (金)

121 不安は集中力の源

かつて、ドイツのゴールキーパーに、オリーバー・カーンという選手がいた。1999年から2003年ごろまでの「世界最高のゴールキーパー」という評価もある。(※1)

2002年、日本と韓国で共同開催されたワールドカップサッカーでは、ドイツが準優勝する原動力となった。彼の気迫あふれるプレーは、決勝戦までにグループリーグも含めてたった1点しか失点を許さなかった。おそらく大人なら、ドイツの守護神、オリバー・カーンの活躍は、サッカーをあまり知らない人でも覚えているのではないか。

当時、彼の活躍を伝える新聞記事に次のようなものがあった。

(オリバー・カーンは)不安があるからこそ、集中できる。試合中こう自分に問いかけることもあるという。 「おい、オレの不安はどこへ行ったんだ」(※2)
「不安があるからこそ、集中できる」という部分が心に残る。

私も君も不安になることは多い。特に君たちは進路面でいろいろな不安があると思う。その不安をプラスの材料として考えてみるのも一つの方法だ。「不安があるから勉強に集中できる」といえるようになってみたいものだ。

それにしても、どうしてこんなプラス思考ができるのだろうか。

彼は、子供のころは弱々しかったらしい。両親の話によると、16歳のとき、複数のクラブの入団テストを受けたが、「体が弱い」と軒並み不合格だったという。このときの挫折と屈辱がモチベーションになって、自分は成長したと彼は語ったそうだ。(※3)

マイナスをプラスに転じる力を自分の経験から、身につけていったのだろう。
――――――――――――――――――――
(※1)ウィキペディア「オリバー・カーン」
(※2)平成14年6月の朝日新聞記事から(日付の部分が破れた新聞記事しか残っていなくて、記事を特定できません。)
(※3)同

« 120 松井秀樹選手は人の悪口を言わない | トップページ | 122 身近な人の笑顔 »

コメント

やっと、たどり着きました!

「不安を感じないことこそが、最大のリスクである」って、どこかの経済学者が言っていました。

これから、時間があるときには読ませていただきます。

ありがとうございます!!これからもぜひご感想をお聞かせください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/38738492

この記事へのトラックバック一覧です: 121 不安は集中力の源:

« 120 松井秀樹選手は人の悪口を言わない | トップページ | 122 身近な人の笑顔 »

無料ブログはココログ