« 115 私の小学校、中学校時代の通知表所見 | トップページ | 117 出席者のレベルを見分ける方法 »

2011年1月30日 (日)

116 スポーツの世界に比べたら、実社会で成功するなんて・・・

昨日の夜(正確には今日)は、アジアカップの決勝を見ていた。本当にうれしかったなあ。

戦う前から、オーストラリアの選手との体格差などを懸念する声も多く、私のような素人にもテレビの画像からそれが伝わって、ハラハラしながら観戦したけど、勝ってよかった。

テレビを見ながら、ふと、「日本中にサッカーをやっている少年、青年は無数にいるけど、その中で一番うまい人たちが、今、こうやって戦っているんだなあ」と(当たり前のことだけど)思ってしまった。

そういえば、数年前、日本代表のサッカーを「決定力不足」と指摘する声が盛んにあった。

「集中力、精神力が足りない」とか「勝負強さがない」という表現も随所に見られた。

私もかつてはそんな声にうなづく一人だった。しかし、西田文郎さんの本を読んで、考え直した。

西田さんは、著名なメンタルトレーナーで、これまで何人もの一流選手の指導をしてきた。北京オリンピックでも女子ソフトボールチームを指導し、金メダルに導いた人だ。

西田さんは何冊もの著作を書いているが、その中でよく出てくる表現が、「スポーツの世界で成功することに比べれば、実社会で成功するなんて、本当に簡単だ」というような言葉だ。

西田さんはよく次のようなことを本に書いている。

たとえば、サッカーでも野球でも、私がテレビの前で寝転がって中継を見ているとする。

そして、私が「なんだよ~、精神力が足りないんだよ」「プレッシャーに弱いなあ~」と思ったり、つぶやいたとする。

しかし、そこにいる選手たちは、私には想像もできないくらい厳しい練習や戦いを経て、今テレビで放送されるまでになったのだ。

テレビの前でごろ~んと転がっている私よりも、はるかに高い目標意識や精神力や集中力をもっているはずだ。

そう考えると、昨日の激戦の結果、もし日本が負けていても、「お疲れ様でした」としか言えないような気がした。

« 115 私の小学校、中学校時代の通知表所見 | トップページ | 117 出席者のレベルを見分ける方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/38666351

この記事へのトラックバック一覧です: 116 スポーツの世界に比べたら、実社会で成功するなんて・・・:

« 115 私の小学校、中学校時代の通知表所見 | トップページ | 117 出席者のレベルを見分ける方法 »

無料ブログはココログ