« 075 人はみな死刑囚? | トップページ | 077 毎日国語のプリントを出し続けた人の合格率 »

2010年12月21日 (火)

076 ソーンダイク・マケスターを知っているか?

『「戦う自分」をつくる13の成功戦略』(ジョン・C・マクスウエル著 渡邉美樹監訳)の中に、私が大好きなエピソードが収められている。それを会話風にしてみる。

ある会社。営業担当社員2千人を前に、営業部長がこう問いかけた。

部長「ライト兄弟は途中であきらめたか?」

社員たち「ノー!」

部長「チャールズ・リンドバーグは途中であきらめたか?」

社員たち「ノー!」

部長「ランス・アームストロング(世界最高峰の自転車ロードレースで癌に冒されながら7年連続優勝を遂げた人)は途中であきらめたか?」

社員たち「ノー!」

部長「ソーンダイク・マケスターは途中であきらめたか?」

社員たち「・・・・・・」

一人の社員「部長・・・。ソーンダイク・マケスターとはいったいだれですか?そんな人、聞いたこともありません。」

部長「知らなくて当然だ。途中であきらめた奴だからな」

そうなんだ。あきらめたら、そこで終わりだ。続けさえすれば、いつかは努力が報われるときがくる。

南アフリカのマンデラ元大統領を知っているだろうか。南アフリカのアパルトヘイトに戦いを挑み続け、27年間も刑務所に入れられながら、大統領になり、新しい民主的な南アフリカの礎を築いた人物である。彼が次のような言葉を残している。

「人生の最高の栄光は、絶対に倒れないことではなく、倒れるたびに起き上がることである。」

« 075 人はみな死刑囚? | トップページ | 077 毎日国語のプリントを出し続けた人の合格率 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/38164587

この記事へのトラックバック一覧です: 076 ソーンダイク・マケスターを知っているか?:

« 075 人はみな死刑囚? | トップページ | 077 毎日国語のプリントを出し続けた人の合格率 »

無料ブログはココログ