« 071 本番で集中力を発揮するには | トップページ | 073「有名になりたい」より「人を喜ばせたい」 一刻堂さんの話(その2) »

2010年12月17日 (金)

072 思い続ければ叶う 一刻堂さんの話

先日の休日、お昼のテレビを見ていたら、腹話術師の一刻堂さんが出ていた。ずいぶん久しぶりにテレビで見るなあ、と思っていたら一刻堂さんのさらにレベルアップした技にびっくりした。

腹話術で松山千春の歌マネを信じられないくらい本人そっくりにやっていたのもすごかったが、英語、中国語、タガログ語(フィリピンの人が話す言語)でも腹話術をやっていたのにはびっくりした。実際に海外でも公演をしているそうである。

すごいなあとテレビを見ていたら、「そういえば一刻堂さんの雑誌記事があったよなあ」と思い出して、その記事を探して読んでみた。10年前の記事である。その記事にはこう書いてあった。

目標は、世界に通じるエンタテイナーになること。腹話術を使って芝居をやること自体が世界初ですし、それを究めて、いろんな国の言葉を覚えたら、世界でやれると思うんです。最終的には、貧しい国々を訪ねて、ボランティアで腹話術をやりたい。マザー・テレサのように直接人々を助けることは僕には到底できないけれど、芸で喜ばせることができたらいいなと思う。(※1)

一刻堂さんは目標に向かってこの10年の間、走り続けていたんだなあ・・。

一刻堂さんが夢をかなえた秘訣は、「ぜったいにできる」と信じ続けたこと。時には、人から否定的なことを言われて傷つくことがあっても、寝る前には「いいこと」を考えるようにして、その否定的な言葉を打ち消すようにした。(※2)

10年前の一刻堂さんは語る。

いつになるかわからないけど、自分を信じて、人を喜ばせたいという思いを持ち続ければ、きっと夢はかなうと思っています。(※3)
――――――――――――――――――――

(※1)『婦人公論』「いっこく堂 すべては夢を叶えるための回り道だった」2001年1月22日号
(※2)同
(※3)同

« 071 本番で集中力を発揮するには | トップページ | 073「有名になりたい」より「人を喜ばせたい」 一刻堂さんの話(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/38116892

この記事へのトラックバック一覧です: 072 思い続ければ叶う 一刻堂さんの話:

« 071 本番で集中力を発揮するには | トップページ | 073「有名になりたい」より「人を喜ばせたい」 一刻堂さんの話(その2) »

無料ブログはココログ