« 068 地雷が私の脚を奪ったことに感謝します | トップページ | 070 夏サボる人は・・・ »

2010年12月14日 (火)

069 堀内投手が自信を維持した方法は?

『一生折れない 自信のつくり方』(※1)という本の中に、興味深い話があった。

元巨人の監督を2004年と2005年に務めた堀内恒夫さんのことを知っているだろうか。投手で活躍していたことを覚えている人は、かなりの年配になるだろうなあ。

堀内投手は巨人のV9時代を支えていた投手である。

堀内投手は現役のころから「メンタルコーチ」をつけていたということである。メンタルコーチとは、スポーツマンの精神面でのサポートをするコーチのことである。

堀内投手のメンタルコーチが堀内投手に課したことは、「毎日同じ時間に多摩川のグランドで走ること」

走るといっても、ハードな走りではない。軽く2周ジョギングをして、それからメンタルコーチと会話をするだけである。

堀内投手はこれを何年にもわたって続けていたそうである。

「オレは自分のお金で、メンタルコーチをつけて、こうやって毎日努力をしている。そんなオレの投げる玉が打たれるわけはない」

堀内投手がこのような自信をつけるように、メンタルコーチは考えていたのである。

自分にできることを続けること。これは本当に自信につながると思っている。
――――――――――――――――――――
(※1)『一生折れない 自信のつくりかた』青木仁志(著)アチーブメント出版

« 068 地雷が私の脚を奪ったことに感謝します | トップページ | 070 夏サボる人は・・・ »

コメント

できないことが出来るようになることも大事なことではありますが、出来ることを継続する力というのも重要なんですよね、身に沁みてます。

こんなことを偉そうに書いていますが、私自身、三日坊主で終わったことがどれほどあることやら・・・。「続けていれば、もうすこしモノになったのになあ」という思いをたくさんしてきました。

実は、このブログもそういう自分に対する修行の意味もあるのです。クワさんのように、読んでいただける人がいると励みになります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/38073047

この記事へのトラックバック一覧です: 069 堀内投手が自信を維持した方法は?:

« 068 地雷が私の脚を奪ったことに感謝します | トップページ | 070 夏サボる人は・・・ »

無料ブログはココログ