« 055 池間哲郎さんが私たちに一番望むこと | トップページ | 057 半年間も船旅をして、当日失格になったゴルフの天才少年 »

2010年12月 1日 (水)

056 桑田投手は高校時代、人知れずトイレ掃除をしていた

元巨人の投手の桑田真澄さんがPL学園に入学して、寮生活をしていた時の話である。

寮では起床時間が6時だったのだが、桑田さんは5時半に起きて、寮のトイレ掃除を続けた。著書を読むと、高校3年間ずっとというのではなく、夏の大阪府大会が始まる100日前からであったらしいが、それでも毎年3ヶ月以上も毎朝寮のトイレ掃除をしていたということだ。

すごいなと思ったのは、桑田さんはこのトイレ掃除を誰から強制されたわけでもなく、自分で決めて、そして秘密で行っていたということだ。

「よーし、俺は明日からトイレ掃除をするぞ!」と宣言したわけではない。人に宣言すると、「言ったからにはしないと」といわばメンツを原動力とすることもできるが、それもしなかった。

桑田さんはこう語る。

1年生の時などは、先輩達のユニフォームの洗濯などで寝るのは深夜1時過ぎだったから、睡眠時間は4時間ぐらい。でも、今日は2階、明日は3階と決めて、毎日違う場所のトイレを一心不乱に掃除していた。当時はほとんどチームメイトも知らなかったと思う。できるだけ見つからないように努めた。(『心の野球』 桑田真澄 幻冬舎)

« 055 池間哲郎さんが私たちに一番望むこと | トップページ | 057 半年間も船旅をして、当日失格になったゴルフの天才少年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/37910676

この記事へのトラックバック一覧です: 056 桑田投手は高校時代、人知れずトイレ掃除をしていた:

« 055 池間哲郎さんが私たちに一番望むこと | トップページ | 057 半年間も船旅をして、当日失格になったゴルフの天才少年 »

無料ブログはココログ