« 052 松井秀喜のすごさ~ある若手選手は見た | トップページ | 054 人生大逆転の人を集めてみました »

2010年11月28日 (日)

053 「きっと、もう一度自分を選ぶわ」~アシュリーさんの信じられない言葉

君は800万人の中で1人、という確率と聞いてどう考えるだろうか。

今年の文化祭で、みんなで力を合わせて作ったモザイク壁画。これは小さな色紙が48万個集まってできたものだった。小さな色紙を一枚一枚貼り付けるのは大変だった。学年全部の生徒が一生懸命、何時間もやって、やっと完成できた。
Photo

800万という数は、今年のモザイク壁画でいえば、あと15回以上作らなければならないという、考えただけでも気が遠くなる数だ。

その中の1枚。それが800万人の中の1人ということになる。

君や私が800万人に一人という難病の中で生きていく宿命を背負ったとしたら、私たちは自分の運命についてどう考えるだろうか。

アシュリー・ヘギさんという女性がいる(正確には「いた」)。

アシュリー・ヘギさんは、800万人に一人という「プロジェリア」という、普通の人の10倍の速さで年をとってしまう難病にかかった。

プロジェリアの方の平均寿命は13歳ぐらいと言われている。

普通だったらかわいい盛りの3歳のころから髪が抜け落ちるなどの老化が始まる。

君たちと同じ歳のころには、死はすぐそこに迫っており、すでに髪や歯はすべて抜け落ちていることはもちろん、白内障や脳卒中、動脈硬化、心臓疾患などの病気と闘わなければならない。

以前、日本でもアシュリーさんの様子を伝えるドキュメンタリー番組が何度か放映された。

番組の中では、「私が悲しい顔をすると、みんながハッピーになれない」と笑顔を絶やさず前向きに一生懸命に生きるアシュリーさんの姿があった。

同じプロジェリア患者であり、人生を支え合って生きてきたボーイフレンドのジョンさんとの死別。

インターネットを通じて、年下のプロジェリアの子どもたちを励ましている姿。

感動しました。

そんなアシュリーさんが、私が見たドキュメンタリー番組の最後の方で信じられない言葉を言った。

インタビュワーが、「もし生まれ変わるとしたら、何に生まれ変わりたいですか」と聞いたときである。

「きっと、もう一度自分を選ぶわ」

「どうして?」

「うーん・・・私であることが好きだから。」

800万人の中の一人に選ばれてしまったために、できなかったこと、悔しかったこと、悲しかったこと、自分の運命を呪ったことはたくさんありすぎるくらいにあったのではないか。

それでも、もう一度今の自分として生まれ変わりたいと思ったのはなぜだろう・・。

アシュリーさんは、残念ながら2009年4月に17歳で亡くなられた。

実は、我々からすれば考えられない不幸と向き合われた方には、アシュリーさんのような言葉を語る人は他にもいる。

これから先、この学級通信でも紹介していくが、どうしてそういう考え方、生き方ができるのかということを、一緒に考えていきましょう。


« 052 松井秀喜のすごさ~ある若手選手は見た | トップページ | 054 人生大逆転の人を集めてみました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/37872443

この記事へのトラックバック一覧です: 053 「きっと、もう一度自分を選ぶわ」~アシュリーさんの信じられない言葉:

« 052 松井秀喜のすごさ~ある若手選手は見た | トップページ | 054 人生大逆転の人を集めてみました »

無料ブログはココログ