« 049 部屋が片付く方法教えます | トップページ | 051 「そうだったんだ!」と気づくこと~パラダイム変換 »

2010年11月25日 (木)

050 大人になった君たちからほめられたい

私は以前の職場で、先輩教師のY先生という人に、大変お世話になった。今から書く話はY先生から聞いた話である。

Y先生が以前、とても厳しいある先生と職員室で机を並べていた。その厳しい先生は、特に提出物に厳しかった。提出日にプリントを出さない生徒は、必ず家まで取りに帰らされていた。

だから、というわけでもないが、その先生は生徒からとても煙たがられていた。いろいろな生徒が、その厳しい先生の悪口を言っていたそうだ。その悪口を耳にしたY先生は、もちろん生徒と一緒になって、その厳しい先生の悪口を言うことはなかったが、頭の中では「あの先生厳しすぎっちゃ。だからこんなに生徒に嫌われるんじゃ。ばかじゃのう。」と思っていたそうだ。

そして、何年かたった。Y先生と、その厳しい先生とはまだ同じ職場にいた。そんなある日、若い女性が、職員室にいる厳しい先生を訪ねてきた。若い女性は、昔その先生が受け持った生徒だった。その女性が中学生だったころのことはY先生もよく覚えていた。その女性は、厳しい先生にこう言ったのだ。

「今日は先生にお礼を言いにやってきました。今の職場で私すごくほめられているんです。仕事がきちんとしていると。本当は私けっこうルーズなのに、こうやってほめられるのは、考えてみたら、中学校のときに先生から提出物なんかを厳しく指導していただいたからと思って、今日お礼を言いにきたのです。」
 
Y先生は目を丸くした。

というのは、その女性は、中学生のころ、その厳しい先生のことを最も嫌っていた生徒の一人だったからである。

Y先生は「お前、中学生の時は思いっきりその先生の悪口を言ってたじゃないか!」と言いたくなったそうである。

いい話だと私は思った。今の生徒に将来の力をつけることができたら、こんなにうれしいことはない。大人になった君たちからほめられると、うれしいだろうなあ。

« 049 部屋が片付く方法教えます | トップページ | 051 「そうだったんだ!」と気づくこと~パラダイム変換 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/37831091

この記事へのトラックバック一覧です: 050 大人になった君たちからほめられたい:

« 049 部屋が片付く方法教えます | トップページ | 051 「そうだったんだ!」と気づくこと~パラダイム変換 »

無料ブログはココログ