« 046「A社のパソコンすぐ壊れるんだよね」の恐さ | トップページ | 048 続けてよかった~ベンチプレスの進歩 »

2010年11月22日 (月)

047 もし夢への努力が報われなかったら

今日、「ゴースト~ニューヨークの幻」がもうすぐテレビで放映されるというCMを見た。昔の映画である。初めて見たときは感動したなあ。

あるカップルの男性の方が、悪人に殺される。男性は死後も女性霊媒師に乗り移って、恋人を守っていくというお話なのだが、女性霊媒師を演じたのは、ウーピー・ゴールドバーグという人だ。

ウーピー・ゴールドバーグはこの作品でアカデミー助演女優賞を得た。その後彼女は「天使にラブ・ソングを…」などの映画に主演し、女優としての地位を確立する。

さて、彼女が語った心に残る言葉が、田坂広志さんの著書で紹介されている。

ウーピー・ゴールドバーグが、若者達が俳優・女優を夢見て汗を流して学んでいるニューヨークのアクターズ・スタジオを訪れたときのことである。

一人の若者がウーピー・ゴールドバーグにこう質問した。

「俳優になるための、私たちのこの努力はいつか報われることがあるのでしょうか?」と。

この質問に対して、ゴールドバーグは、温かいまなぎしで答えています。

「いま、あなたがたは、いつか役者になりたいとの夢を持ち、素晴らしい仲間とともに、励ましあい、助けあいながら、毎日、その夢を求め、目を輝かせて生きているのでしょう」

その言葉に対して、若者たちは、うなずきます。
その若者たちを見つめながら、ゴールドバーグは、静かに語りました。

「そうであるならば、あなたがたの努力は、既に報われているではないですか」(『自分であり続けるために』 田坂広志著 PHP研究所)

田坂さんは、この言葉が夢や目標をもつということの本当の意味を教えてくれると語る。

それを追求する課程の中に意味がある、そんな夢や目標が見つけられたら本当にすばらしいことだなあ。

« 046「A社のパソコンすぐ壊れるんだよね」の恐さ | トップページ | 048 続けてよかった~ベンチプレスの進歩 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/37783880

この記事へのトラックバック一覧です: 047 もし夢への努力が報われなかったら:

« 046「A社のパソコンすぐ壊れるんだよね」の恐さ | トップページ | 048 続けてよかった~ベンチプレスの進歩 »

無料ブログはココログ