トップページ | 002 毎日30分だけ机に向かった桑田真澄さん »

2010年10月11日 (月)

001 ゴキブリは自分のことをダメなやつとは思わない

石井裕之氏は自分を成長させるためには、「できること」を継続させることの大切さを説いている。その部分は明日の記事で紹介する。今日は以下の文章が心に残るので、学級通信などで紹介したい。

「私はダメな人間だ……」と友だちに相談したら、たいていは「そんなことないよ。ダメじゃないよ。アナタは立派だよ」と励ましてもらえるでしょう。

でも、ボクはそうしません。

自分のことをダメだと思えたキミの気持ちを、むしろ祝福したい。

なぜかというと、ダメだと思えた時点で、「本当はダメじゃない」ってことを証明したことになるからです。

考えてみてください。ゴキブリは自分のことをダメだと思っているでしょうか?

「こんなジメジメした暗いところでコソコソと生きて、みんなから嫌われて、オレって何てダメなんだろう」なんて考えるでしょうか?

いいえ、そんなことは考えもしないはずです。考えていたなら、みんなに好かれる爽やかなゴキブリが一匹くらい出てきてもよさそうなものです。

なぜゴキブリは自分のことをダメだと思わないのでしょう?

それは、暗くコソコソと生きるのが、ゴキブリにとっての本性ー「本来の自分」だからです。

それでは、キミが自分のことをダメだと思ってしまうのはなぜでしょう?

それは、「今の自分は本来の自分じゃない。私は今の私を超えることができるはずだ」ということを、他ならぬキミの潜在意識が知っているからなのです。

確かにキミはダメかもしれない。そう考えることは苦しい。

でも、ダメな自分を軽蔑するその苦しみこそが、キミを真珠に変えてくれる。ゴミはやがて自らを超えて、真珠となって星のごとく輝くのです。(中略)

自分のことをダメなヤツだと思えたときこそ、心の底から自分を軽蔑できたときにこそ、自分を超えることができる。『ダメな自分を救う本』(石井裕之著 祥伝社 p19-21)

トップページ | 002 毎日30分だけ机に向かった桑田真澄さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/37178582

この記事へのトラックバック一覧です: 001 ゴキブリは自分のことをダメなやつとは思わない:

トップページ | 002 毎日30分だけ机に向かった桑田真澄さん »

無料ブログはココログ