« 003 「ほんの小さなこと」から始めよう | トップページ | 005 「自分との約束」を守る メジャーリーグ田口壮選手の話 »

2010年10月12日 (火)

004 マシュマロテスト

「マシュマロテスト」って聞くと、何やら「あっ、そんなテストなら俺も受けたい!」って思ってしまうけど、これは1960年代にアメリカで行われた心理学の実験だ。

アメリカの大学の学者が、4歳の子どもたちを集めて実施した実験なのである。

4歳の子供たち一人一人にマシュマロを1個ずつ手渡す。そして、次のように言う。

「今から先生はちょっと外に行ってきます。先生がここに帰ってくるまでに、マシュマロを食べるのをがまんできた人には、マシュマロをもう1個あげますからね。」

そう言って先生は部屋を出る。

15分後、先生が帰ってくると、子供たちの中にはマシュマロを食べるのを我慢できた子と、がまんできずに食べてしまった子に分かれていた。

それから15年後、この実験でマシュマロを食べるのをがまんできた子とがまんできなかった子がどういうふうに育っていったかを追跡調査した。

すると、「マシュマロをがまんして、あとで先生からもう1個もらった子ども」たちの方が、それぞれの職場で活躍していたり、難関大学に合格したりしていることが判明した。

もし4歳の私がこのテストを受けていたら、間違いなく我慢できなかった子どもの中に入るだろう。それより、お友だちのマシュマロを横取りしてしまうなどの問題も引き起こしているかもしれない。

それはさておき、このマシュマロテストは、「将来のために今を我慢する力」が大切なことを教えてくれる。つまり、僕や君もこれからでも身につけたい力なのである。

« 003 「ほんの小さなこと」から始めよう | トップページ | 005 「自分との約束」を守る メジャーリーグ田口壮選手の話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1419883/37193189

この記事へのトラックバック一覧です: 004 マシュマロテスト:

« 003 「ほんの小さなこと」から始めよう | トップページ | 005 「自分との約束」を守る メジャーリーグ田口壮選手の話 »

無料ブログはココログ